top of page
検索

木炭などのチャコール原料の発熱量について

ヤシ殻炭や木炭などの天然炭から、オガ炭、ヤシ殻練炭などのような練炭タイプまで、世界中でよく知られている種類が多くあります。炭の種類や使い分けについてこちらをご覧ください。

Indonesia Coconut charcoal briquette calorific value illustration
Coconut charcoal briquette calorific value illustration

熱量は、炭の規格を確認する上で最も重要な品質項目の一つです。これは、燃料(木炭や練炭)に存在するエネルギーの量を表し、完全燃焼段階によって決定されています。しかし、各原料ごとに、どれだけの発熱量があるのか、気にならないのでしょうか。以下のリストは、Tajalli(2015)の調査から得たデータになります。

  • パーム繊維 3.340 cal/kg

  • パーム椰子の殻 4.300 cal/kg

  • パーム木 3.500 cal/kg

  • サトウキビの葉 3.000 cal/kg

  • ココナツ繊維 3.300 cal/kg

  • ヤツ殻 4.300 cal/kg

  • ゴムの木 4.400 cal/kg

  • もみ殻 3.350 cal/kg

  • トウモロコシの穂軸 3.500 cal/kg

  • おがくず 4.400 cal/kg

このような調査結果により、ヤシ殻やおがくずがグリルやバーベキューの燃料として人気があるのも明確なっています。インドネシアは、最大かつ最高品質炭の製造国や輸出国として、世界的に知られています。インドネシアの地理的条件は、ココナッツの木がよく育つのに適しており、また、おがくずの材料となる木の種類も豊富であります。


炭やあなたの要求のお問い合わせについては、お気軽にお問い合わせください!



Keyword: Charcoal, Charcoal Briquette, Sawdust Charcoal Briquette, Coconut Charcoal Briquette, Wood Charcoal, Coconut Charcoal, Arang, Arang Briket, Charcoal raw material, charcoal calorific value, charcoal raw material calorific value、チャコール発熱量、オガ炭発熱量、木炭の原材料発熱量、ヤツ殻炭の原材料発熱量

Comentários


bottom of page