top of page
検索

ココナツから作られた四角炭、豆炭、練炭について

更新日:1月9日

ココナッツチャコールブリケットは、東南アジア、特にインドネシアを中心とした熱帯諸国で豊富に産出されるココナツの殻を原料とする炭の一種です。熱出力(発熱量)が高く、燃焼時間が長く、灰分が少ないことから、従来の木炭の代替品として人気があります。さらに、ヤツ殻炭、豆炭、四角炭は、再生可能な資源である豊富な廃材から作られているため、他の伝統的な炭と比較して、製造時に排出される温室効果ガスが少なく、より環境に優しい選択肢と考えられています。四角炭以外、ココナツチャコールの練炭・豆炭は、グリルやバーベキューなどの調理によく使われます。


関連記事:


様々な練炭の原料としたヤツ殻
様々な練炭の原料としたヤツ殻

高品質のココナツ練炭(四角炭、豆炭、など)

最高品質のココナツ練炭は、成熟した高密度のココナツから作られ、水分が少ない殻を持ちます。これらの特徴は、炭がより熱く、より長く燃焼することを保証するため、非常に重要であります。一般的に、「トール種」のように殻が厚いココナツの品種は、より高品質の炭を作る傾向があります。


しかし、練炭の品質は製造工程にも影響されます。高品質の練炭は、通常、炭化と呼ばれる工程を経て製造されます。低酸素環境でヤツ殻をゆっくりと燃やし、不純物を除去して炭素含有量を増やします。最終製品は、灰分が少なく、緻密で均一な炭であることが望ましい。


関連記事:


製造工程

一般的に練炭の製造工程はすべて同じです(オガ炭の工程を説明した通りです)。


ヤツ殻の収集と準備

通常、ヤツ殻は「廃棄物」であるため、回収後、汚れやゴミを取り除くための洗浄が必要です。そして、乾燥(通常、天日乾燥)させて水分を減らすことで、燃焼を安定させ、灰の発生を最小限に抑えます。


炭化

炭化とは、乾燥させたヤツ殻を窯に入れ、酸素の少ない環境で高熱を加えることです。この工程で、ココナツ殻から不純物や水分を取り除き、純粋な炭素だけを残します。炭化の工程は通常数時間かかり、温度は燃焼を防ぐために慎重に制御され、貝殻が適切に炭化されることを保証する。

Kiln for charcoal carbonization process
炭化するための窯

冷却工程

炭化工程終了後、貝殻を冷ましてから細かく粉砕し、混合工程に入ります。


形状工程

粉砕された椰子殻片は、澱粉や籾殻灰などの結合剤と混合され、混合物を形成する。この混合物を油圧プレスで圧縮し、枕状、立方体状などのブリケット状に成形します。このブリケットは、天日または低熱の窯で乾燥され、残留する水分を除去します。

Coconut charcoal briquette
四角炭

パッケージング

最終的には、乾燥・冷却した練炭を袋や箱、コンテナなどに梱包して販売することになります。


関連記事:


結論

ココナツ練炭の品質は、原料の品質、炭化プロセス、および使用されているすべての製造方法によって大きく異なる可能性があることに留意することが重要です。高品質のブリケットを実現するためには、密度が一定で、灰分が少なく、燃焼時の煙や火花の発生が少ないことが必要です。また、環境への影響を最小限に抑えるため、持続可能で環境に優しい方法で製造される必要があります。


ココロジ、最も信頼できるインドネシアココナツ炭輸出業者



Keywords: Charcoal, coconut shell charcoal, coconut charcoal briquette, Indonesia coconut charcoal, Indonesia coconut charcoal manufacturing process, ヤツ殻炭、豆炭、練炭, ココナツ練炭工程、arang, arang batok kelapa, arang briket kelapa

Commenti


bottom of page